川内原発で曲がった制御棒

共同通信

 九州電力は16日、定期検査中の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で、原子炉の出力を調整する制御棒の1本が曲がっているのが点検作業中に見つかったと発表した。九電は「安全性に影響はなく、国や自治体への報告が必要ない軽微な事象だ」とコメントしている。今後、詳しい状況や原因を調査する。

 九電によると、原子炉から使用済み燃料プール内に移した制御棒の外観を水中カメラで確認後、プール内の別の場所に収納しようとした際に1本が曲がっているのを目視で確認したという。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ