沖縄の米軍基地で3人感染

共同通信

 沖縄県は17日、新たに米軍普天間飛行場(宜野湾市)で2人、キャンプ・ハンセン(金武町など)で1人の計3人の新型コロナウイルス感染を確認したと、米側から連絡があったと明らかにした。県によると、在沖縄米軍での感染者は計141人となった。県は米軍関係者を県内の感染者数に計上しない。

 県によると、これまでに嘉手納基地(嘉手納町など)で陽性となった5人のうち1人が、基地外に住んでいることも判明。陽性と分かってからは、基地内で隔離されているという。

 米側からの情報として、現時点で判明している日本人の濃厚接触者は基地従業員など10人以内。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ