NY株続落、62ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比62・76ドル安の2万6671・95ドルで取引を終えた。米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、経済活動が再び停滞することへの懸念から売りが優勢となった。

 米ミシガン大が発表した7月の消費者信頼感調査で指数が前月よりも悪化し個人消費の先行きが警戒された。米中対立激化への懸念も相場を下押しした。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は29・36ポイント高の1万0503・19となった。

 銘柄別では石油のエクソンモービルや金融のJPモルガン・チェースの下げが目立った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ