NY株反発、8ドル高

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに上昇し、前週末比8・92ドル高の2万6680・87ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感が相場を支えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は263・90ポイント高の1万0767・09と続伸し、最高値を更新した。

 英オックスフォード大と英製薬大手アストラゼネカが共同開発する新型コロナのワクチン候補が初期段階の治験で、有望な結果を示したことが明らかになり、投資家心理が改善した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ