アップル30年にCO2排出ゼロ

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルは21日、2030年までに、二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする計画を発表した。地球温暖化対策を加速し、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が示した目標より20年早く達成させるとしている。

 計画は、サプライチェーン(部品の調達・供給網)を含め、アップルのビジネス全体が対象。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などのアップル端末が、気候問題に与える影響はゼロになるという。

 再生可能エネルギーへの移行などを進め、排出量を75%削減。残りの25%は、アフリカなどの森林を回復させることなどで補完する。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ