2者間オンラインファクタリングの事業化に向けた実証実験開始

PR TIMES 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ

~ 企業の成長に向けた新たな資金調達手段の提供 ~
株式会社福岡銀行(取締役会長兼頭取 柴戸 隆成)は、2020年7月17日から、MF KESSAI株式会社(※、代表取締役社長 冨山 直道、以下「MF KESSAI」)と、法人のお客様向け2者間オンラインファクタリングサービス(売掛金早期資金化サービス)の共同事業化に向けた実証実験を開始しました。 ※ 株式会社マネーフォワード(東証マザーズ上場)の100%子会社:https://corp.mfkessai.co.jp/



本サービスの背景

福岡銀行は、地域企業の皆様の事業活動をご支援する資金の提供に努めておりますが、日々の営業活動の中で、売掛金の「早期資金化」「未回収リスクの解消」といったニーズが高く、保証や不動産担保に依存せずに現在保有している流動資産(売掛債権)を上手に活用した、入金までのスピードが早い資金調達手段が求められていることが分かりました。
今回、こうしたお客様の声にお応えする手段として、現在抱えている売掛債権を、お取引先様への通知をすることなくオンラインでスピーディーに売却することで、売掛金回収日前の早期資金化が可能な2者間オンラインファクタリングが有効であると考えております。
本サービスへの思い

日本企業の約99%は中小企業であり、弊行のお客様の中にも多くの中小企業の皆様がいらっしゃいます。こうした中小企業の皆様の多くは資金繰りや資金調達の悩みを抱え、様々な手段を模索されています。弊行は従来の融資のみならず、2者間オンラインファクタリングという新たな資金調達手段をご提供することで、お客様の成長と地域経済発展に貢献することを目指してまいります。

実証実験の概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ