豪、29年ぶり景気後退へ

共同通信

 【シドニー共同】オーストラリアのフライデンバーグ財務相は23日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前期比7%減となる見込みと発表した。1~3月期は0・3%減。オーストラリアは1991年以来、2四半期連続のマイナス成長を経験せず、29年にわたり世界最長となる景気拡大を続けたが、景気後退局面を迎えた。

 また財務相は19年度(19年7月~20年6月)の財政収支について、黒字予想から858億豪ドル(約6兆5700億円)の赤字に転じ、20年度は第2次大戦以来最悪の1845億豪ドルの赤字に陥るとの見通しを表明した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ