アメリカにて絶大な支持を得ている、ワイヤレスバッテリーのパイオニア『+SUM』最新ワイヤレスモバイルバッテリー”DROP&DOCK”がMakuakeにて日本先行販売

PR TIMES TradeFKJapan

前モデルは2019年アメリカで3000万円売り上げた大ヒット商品。 機能、見た目ともにより洗練され、モバイルバッテリーにモデルチェンジ。 最新モデル”DROP&DOCK”は7月24日より先行限定販売。
『+SUM』はLA発の会社で、”DROP&DOCK”は誰にでもどんなシーンでも簡単に使用できるように設計されています。 手のひらサイズでロゴや無駄な機能、装飾は一切ありません。 しかしそんなにシンプルなのにも関わらず、高級感もあり、クールなデザインです。 これはただ充電するのを目的としているだけでなく、あなたのライフスタイルに調和し、デバイスまたあなたにエネルギーを与えることが私たちの使命であり、願いです。



「あなたが生活する中、周りにいくつワイヤレス充電の商品があるのでしょうか。」

少し前までは電化製品は充電コードを繋いで充電するのが当たり前でした。
しかし世の中に溢れている商品にはワイヤレス充電が可能になっています。
2018年では約6500億円だったワイヤレス充電の市場が2027年ではおおよそ7.5倍の約4.9兆円もの大きな市場になると言われています。


例えば電気自動車は走りながら充電し、わざわざ充電コードを繋いで充電するということがなくなるような未来が待っています。
今後ワイヤレス充電はあなたの生活では切ってもは切り離せない存在となり、ワイヤレス充電が当たり前になる未来がすぐそこまで来ています。
現在、性能が進歩し、「充電が遅い」や「大きい」、「壊れやすい」などのデメリットはありません。

今回”DROP&DOCK”を設計したYee Suは普段の生活に馴染み、また調和することができる見た目や機能に最大限着目し、今までのライフスタイルに溶け込みながらも光を与えるように設計されています。
なので派手な装飾やロゴも一切ないのもそういった背景があります。


手のひらサイズに収まるサイズで、なおかつ2層式になっており、上部を取り外すことで何処へでも持ち運べ、ストレスなく充電することができるように考え抜かれています。
バッテリー容量を増やせば増やすほど、サイズは大きくなるため、あえてこの容量でとどめてあります。

また、手にした時に馴染むようにアルマイトで処理されたアルミニウムはどこか心地よさを味わわせてくれるような質感を大切にしています。
表面と底面には、素材自体のグリップ力と耐久性が製品の安定性と実用性に大きく影響することが実証されている独自のシリコンゴムを採用しているため、充電時に本体またデバイスがずれることはありません。

一般的な携帯バッテリーに使われているABS樹脂は耐久性に欠け、さらに廃棄物として処理すると有毒ガスが発生します。
DROP&DOCKに使われているアルミ合金はもちろん、付属の専用ケースは天然繊維の麻製など、使われている材料は極力再利用可能で環境に配慮したサスティナブル商品です。


機能としても充実しており同時に最大4台まで充電も可能です。
普段なら4台充電するとコードだらけで見た目も悪く見ててしましがちですが、”DROP&DOCK”を使用することでまるでインテリアのようにあなたの空間を彩ってくれるほどの繊細なデザインです。

充電中はLEDライトが点滅し、デバイスの充電状態を知らせてくれるとともに、暗闇でライトを見て落ち着いてしまうような、そんな光を演出してくれます。

DROP&DOCK 3つのポイント
1.もう、ケーブルは持ち歩かない!置くだけで簡単すぐに充電可能。
2.外出先でもスタイリッシュなワイヤレス充電。
3.最大4台同時充電対応。充電状態はLEDで一目瞭然。


http://www.youtube.com/watch?v=sRVtL4LEC-Q&feature=youtu.be
商品仕様
商品内容:DROP&DOCK(ワイヤレスポータブル充電器)
サイズ:98.5mm(直径)×34.0mm(高さ)
    上部取り外し時、98.5mm(直径)×21mm(高さ)
重量:約340g
   上部取り外し時、約230g
素材:アルミニウム(アルマイト加工)、シリコンゴム、麻(専用ケース)


Makuake:https://www.makuake.com/project/drop_and_dock/

Instagram:https://www.instagram.com/sum_japan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ