イルカ目撃で海開き延期、三重

共同通信

 三重県尾鷲市の海水浴場「三木浦マリンパーク」でイルカが目撃され、市は安全確保のため、25日に予定していた海開きを延期し、イルカがいなくなるまでの当面の間、遊泳禁止にすると決めた。イルカはこの時期、繁殖期に当たり、人に近づいてくることがあるため、ぶつかってけがをする恐れがあると判断した。

 市の担当者は「遊んでほしいと思って近づくのかもしれないが、尾びれの筋力が強いためぶつかると危ない」と話している。

 1カ月ほど前から、この海水浴場や近くの漁港周辺でイルカの目撃情報があった。市は14日に三重大と調査し、雄のミナミハンドウイルカ1頭が泳いでいるのを確認した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ