北朝鮮「瀬取り」56回

共同通信

 【ニューヨーク共同】米国や日本など43カ国は24日、北朝鮮が海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の手口で、国連安全保障理事会が定める制限を大幅に超える量の石油精製品を密輸入しているとして、安保理制裁違反を指摘する文書を安保理の北朝鮮制裁委員会に提出した。瀬取りは1~5月だけで56回に及ぶ。

 2017年12月の安保理決議は北朝鮮への石油精製品の年間供給上限を50万バレルと定めたが、北朝鮮は1~5月だけで計160万バレル以上を密輸したと分析。北朝鮮が「石油精製品輸入の主な方法として定期的に」瀬取りを続けていると指摘した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ