大阪のコロナ専門病院が外来再開

共同通信

 新型コロナウイルス感染で酸素投与が必要な中等症患者の専門病院となっていた大阪市立十三市民病院(同市淀川区)が27日、産科を除く一般の外来診療を約3カ月ぶりに再開した。5月後半から府内でほとんど新規感染者が出なくなり6月下旬には患者数が1人まで減った。その後に感染者が増え、入院患者も増加に転じたが、以前通院していた患者や地域の診療所からの要望もあり、再開方針を維持した。同病院は他の病院が重症者対応に集中できるよう、中等症患者の専門となった。手術も実施しておらず、月の赤字は3億円強に上る。

 7月27日朝の時点で同病院のコロナ専用病床は90床、24人が入院。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ