木星の衛星に巨大クレーター

共同通信

 木星最大の衛星ガニメデの表面に、太陽系で最大級となる直径約1万5600キロのクレーターを発見したと、神戸大の平田直之助教らが27日までに米惑星科学誌イカルスに発表した。米国の探査機ボイジャー1号、2号やガリレオが撮影した画像を解析し突き止めた。

 40億年以上前に直径約300キロの氷の小惑星が衝突した痕とみられ、衛星形成の経緯を探る手がかりになるとしている。

 22年には欧州が主導し日本も参加する探査計画JUICE(ジュース)の探査機がガニメデに向かい、32年から観測を行う。平田助教は「今回のクレーターやガニメデの構造など、詳細の判明を期待したい」と話した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ