自民、提言骨子取りまとめ見送り

共同通信

 自民党のミサイル防衛検討チーム(座長・小野寺五典元防衛相)は28日、党本部で会合を開いた。検討チーム事務局が敵基地攻撃能力の保有を含む抑止力に関する提言骨子案を提示したが、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の断念に至る検証が必要との意見が多く出たため取りまとめを見送った。

 29日も会合を開催し、骨子案を文章化した提言案を示した上で改めて議論する。防衛省は地上イージス計画断念の経緯について説明する。会合後、小野寺氏が記者団の取材に答えた。

 骨子案では、北朝鮮など日本周辺の安全保障環境の変化に伴い、抑止力の向上が必要との認識を示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ