飲食店の持ち帰り販売支援

共同通信

 伊藤忠商事は28日までに、飲食店向けのテークアウト支援のサービスに乗り出した。消費者がスマートフォンやパソコンで注文から決済まで済ませられるウェブサイトを立ち上げ、飲食店側は無料でメニューの掲載などができる。新型コロナウイルス感染拡大に伴って持ち帰りの需要が高まっており、参入を後押ししようと楽天も同様のサービスを実施している。

 伊藤忠のサービスは「おもちかえり.com」で、6月から本格的に提供。消費者はクレジットカードで決済し、調理が済んだかどうかをLINE(ライン)などの通知を受けて確認した上で店に取りに行く。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ