稲田氏ら「打撃力保有を」と提言

共同通信

 自民党の稲田朋美元防衛相ら女性議員らでつくるグループは29日、河野太郎防衛相と防衛省で会談し「打撃力を持つこと自体は専守防衛に反せず、日本自身の判断で行使できる抑止力を持つべきだ」とする提言書を手渡した。会談後、稲田氏は記者団に「敵基地攻撃能力を検討すべきだとする提言か」と問われ「そうだ」と答えた。

 提言は、弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮など日本周辺の安全保障環境は変化していると指摘。防衛政策について「専門的で難解な言葉ではなく、女性にもわかりやすい説明と理解を得る努力をすべきだ」とも助言した。稲田氏によると、河野氏は「しっかり受け止める」と答えた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ