ワーケーションに活用できる定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」利用可能施設が世界200都市300拠点を突破!全ASEAN加盟国で利用可能に

PR TIMES 株式会社KabuK Style

コロナ禍においても拠点提携スピードを落とすことなく利用サービスエリアを急速に拡大。国内の交通事業者との提携や、社会インフラ機能創造のための事業者との提携等、国内でのサービス多様化にもより注力
株式会社KabuK Style(共同代表取締役:砂田憲治、大瀬良亮)は、世界中の宿泊施設に定額で住み放題となる「HafH(ハフ:Home away from Home)」を2019年4月より提供しております。 この度、世界24の国と地域、204都市(国内134都市 ※47都道府県全て、海外70都市)、301拠点(国内186拠点、海外115拠点)でHafHを利用可能となりました。

サービス開始から1年4ヶ月で急成長 、200都市300拠点を突破!すべてのASEAN加盟国で利用可能に

2019年4月、世界7ヵ国、53拠点(国内46拠点、海外7拠点)から始まったHafHのネットワークは、急速なスピードで利用可能な都市数、施設数を増やし、「世界中で、好きな時に、好きな場所に滞在できる」サービスとして発展してまいりました。

今月、国内では8都市16拠点、海外では2ヵ国(エクアドル・ブルネイ)、6都市9拠点が新たに追加。また、ブルネイの拠点が追加されたことにより、すべてのASEAN加盟国でご利用いただけるようになります。

これにより、サービス開始から1年4ヶ月を経て、利用可能拠点が200都市300拠点を突破しました。



■HafH利用可能拠点がある国と地域(2020年7月30日現在)
アジア

日本・インドネシア・韓国・カンボジアシンガポール・タイ・台湾・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ラオス

オセアニア
オーストラリア

北米
アメリカ合衆国

中南米
エクアドル・グアテマラ・メキシコ・ペルー

ヨーロッパ
ギリシャ・ジョージア・スペイン

アフリカ
ケニア・タンザニア
ワーケーションへの利便性を高めるため、HafH提携施設を引き続き募集しています

国内外の人気リゾート地を含めた、ワーケーションとしても活用できる宿泊施設との提携を進めております。「世界が広がる、働き方を」サポートする国内外の宿泊施設(ホテル・旅館等)の情報はHafH.comホームページ(https://hafh.com/contact)でもお受けしております。

<ワーケーションとは>
「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた新しい言葉。場所に捉われず働ける現代において、 お気に入りの場所で仕事をすることで、通勤や職場のストレスを減らし、日々の充足感をあげ、ワークライフバランスの向上を促す働き方。

また、今後も引き続き海外での提携施設の拡大を目指してまいりますが、同時並行で現状の各国コロナ状況をしっかりと把握し、各国提携施設様と連携をしながら安全な衛生環境宿泊体制について取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン
https://hafh.com/topics/7567
KabuK Style CEO 砂田憲治のコメント: コロナ禍での当面の戦略について

コロナ禍で移動することさえも困難な状況でしたが、一つの目安としておりました全ASEAN加盟国での展開を達成できたことを大変嬉しく思っています。一方、2021年3月末までに、利用可能拠点を世界500都市まで広げるという目標は、ASEAN含めたアジア諸国だけでなく、欧州やその他の地域での展開を加速することが必要条件であるため、現在の延長では難しいと捉えざるをえないのも事実です。

当社は、「多様な価値観を多様なまま許容する社会のインフラを創造する」ため、世界展開を着実に進めていきつつも、コロナ禍の当面の間は、すでに発表しております国内の交通事業者様との提携(後段をご参考)や、交通にとどまらず社会インフラ機能創造のための事業者様との提携等、国内でのサービスの多様化にもより注力してまいります。

在宅ワーク、テレワーク等のオフィス以外での仕事を強制されたことで、奇しくも当社がこれまで推し進めてきた「ワーケーション」や「コリビング」に注目が集まっており、8月からはGo To トラベル事業の支援による35%オフとなることも、さらなる会員増加につながっております。当面は決して移動が促進される状況ではないことも踏まえながら、拠点数の拡大を引き続き行うとともに、ウイルス対策が行われた、安全、安心な滞在施設をご提供していくべく、クオリティの向上にもあわせて努めてまいります。
今回追加された拠点

【国内(16拠点追加)】
東京都_港区・神奈川県_横浜市中区・神奈川県_三浦郡葉山町・神奈川県_箱根町・神奈川県_藤沢市・山梨県_富士河口湖町・愛知県_岡崎市・京都府_京都市下京区・広島県_尾道市・福岡県_田川市・熊本県_阿蘇市・大分県_別府市・佐賀県_唐津市・沖縄県_宮古島市

【海外(9拠点追加)】
苗栗/彰化/嘉義/金門(台湾)・クエンカ(エクアドル)・ニューヨーク(アメリカ)・パハン(マレーシア)・ガドン(ブルネイ)

拠点の検索はこちら
https://hafh.com/search

【施設紹介】


下町情緒を宿す谷根千エリアに位置。海外からも多くの人が訪れ、交流型ホテルとしてコリビングを楽しめます。

漂流物で創られたアートや地産の食事は、葉山の海と自然をまるごと凝縮したかのよう。海を眺めながら極上のひとときをお楽しみ下さい。

滝の音を聞きながらお仕事を、疲れたら源泉掛け流しの温泉でくつろぎを。自然に包まれながら心も体も癒されます。

こだわりの羽毛布団は、眠りにつく時間さえも楽しませてくれます。テラスから眺める富士の絶景と共にお楽しみ下さい。

宮古島の海を満喫する拠点に!明るくて清潔な館内は全室個室で女性でも安心。

緑に囲まれた大自然の中、湖畔だけでなく温泉も楽しめる特別な場所。レストランのお食事も大変人気です。

海が見渡せる広大な敷地には馬のターフとプールがあり、のんびりするも良し、お仕事をするも良し。シーズン時にはチェラティンビーチでサーフィンも楽しめます。

多国籍なゲストと一緒にブルネイ文化を楽しみませんか?アットホームな雰囲気、フレンドリーなスタッフとあなたのHome away from Homeを!

※宿泊にHafHコインが必要な施設や部屋がございます。
多拠点居住×交通サブスクや、法人向けワーケーション実証実験…
社会のインフラ創造へ向けて、HafHの様々な取り組み


当社は、多様な価値観を、多様なまま許容できる社会の実現へ向け、インフラ整備をしていくことをミッションとしております。

昨今、企業におけるテレワークの導入や副業(複業)の社会的な許容など、働く場所と時間の多様化が加速しており、企業に勤めるだけではなく、個人事業主、あるいはその両方を選択できるなど、個々人が自分に合った、多様な働き方を実現できる時代になってきています。

さらに新型コロナウイルスにより、テレワークが普及したことで、休暇(vacation)を兼ねて滞在先で仕事(work)する「ワーケーション」や「多拠点居住」に注目が集まる中、より場所に縛られないライフスタイルを実現するためのインフラが求められます。

当社は、各社と連携しながら新サービスを続々と発表し、多様な価値観を多様なまま許容する社会のインフラ創造へ向けてへ向けて、邁進しております。

■Go To トラベル事業に合わせて、利用料金を35%オフ


HafHは、サービス産業消費喚起事業(Go To トラベル事業)に対応し、2020年8月から2021年1月までの間、「ちょっとハフ」、「ときどきハフ」、「いつもハフ(風)」プランの利用料を、すべての会員さまを対象として、月額利用料の35%を支援対象といたしました。ワーケーションだけでなく、域内観光(マイクロツーリズム)、周遊観光にもご活用ください。

ワーケーションにも利用できる定額制コリビングプラットフォーム「HafH(ハフ)」、Go To トラベル事業に合わせて35%OFF!
https://hafh.com/topics/7627

■5年後の働き方コンソーシアム 法人向けワーケーション実証実験


企業に所属する個人が在宅勤務に限らないテレワークなど、多様な働き方にチャレンジできる環境を整えるため、「(オンライン会議システムなどの)企業向け管理ツール」、「(コワーキングスペースなどの)どこでも働ける場所」、「(地方での複業などを視野に入れた)やりがいのある仕事」の3つの観点から、「5年後の働き方コンソーシアム」5社のサービスを連携し、展開する法人向けワーケーション実証実験を行っています。

「法人向けテレワークに関する総合ソリューションサービスの実証実験」プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000039388.html

JR西日本グループと業務提携「JR西日本×住まいのサブスク実証実験」


9月から11月に「JR西日本 x 住まいサブスクHafH」と題し、新幹線・特急がお得に利用できる広島、和歌山でのワーケーション体験企画を実施しております。本実証実験により、住まいのサブスクサービスを移動も含めたサブスクサービスへと発展させていきます。

「JR西日本 x 住まいサブスクHafH ~ 広島・和歌山ワーケーション体験」公式サイト
https://hafh.com/lp/jrw

「JR西日本 x 住まいサブスクHafH ~ 広島・和歌山ワーケーション体験」プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000039388.html
<HafH(ハフ)とは>


HafHとは、毎月定額(光熱費・備品・インターネット費用・敷金・礼金・保証金・家具購入費等の諸費用及び初期費用がオールインワン)で、全世界に住むことのできるプラットフォームを目指す、新しいサブスクリプション型コリビングサービスです。

世界最大のコリビングプラットフォームの地位を確立すべく、世界中でリモートワーク可能な環境、より豊かなライフスタイルをおくる環境を整えてまいります。

<KabuK Style 会社概要>
社 名: 株式会社 KabuK Style
代 表: 代表取締役 砂田憲治 / 大瀬良亮
設立日: 2018年2月5日
資本金: 5億9,800万円(2020年3月時点、資本金及び資本準備金)
事業内容: 定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」の運営、宿泊及び賃貸運営業、旅行業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ