木村反撃か、藤井二冠王手か 4日から王位戦第3局

友好紙 社会面

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局が4、5日、神戸市・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で指される。

 藤井は7月16日、棋聖戦第4局で渡辺明前棋聖(36)を破り、史上最年少の17歳11カ月で初タイトルとなる棋聖を獲得。王位戦でも第1局を得意の角換わりで勝ち、第2局を逆転で制して2連勝と波に乗る。

 対する木村は、昨年の王位戦で今期と同じく2連敗から4勝1敗と巻き返し、史上最年長での初タイトル獲得を成し遂げている。

 木村がシリーズ初勝利で初防衛へ反撃ののろしを上げるか。棋聖獲得後の藤井が3連勝で二冠獲得に王手をかけるか。注目の一局となる。

 立会人は淡路仁茂九段。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報する。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ