比で邦人女性が死亡、強盗殺人か

共同通信

 【マニラ共同】フィリピン警察によると、首都マニラ郊外ラグナ州カブヤオの民家で2日、日本人女性のマエザワ・レイコさん(82)=千葉県出身、漢字表記不明=が手足を縛られ死亡しているのが見つかった。現金や携帯電話、指輪が見つかっておらず、警察は強盗殺人事件とみて捜査を始めた。

 警察の調べでは、マエザワさんは発見時、両手両足を布で縛られ、口元はタオルで覆われていた。部屋の床に倒れ、既に死亡していた。目立った外傷はなかった。なくなった現金は約4万1千ペソ(約8万8千円)とみられる。

 マエザワさんは夫を亡くした後、この家で1人暮らしをしていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ