藤井、端攻め狙う 木村は柔軟に対応 将棋・王位戦第3局

友好紙 社会面

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局が4日午前9時から神戸市北区の旅館「中の坊瑞苑」で指され、午後6時13分、後手番の木村王位が46手目を封じて1日目の対局を終えた。

 藤井の2連勝で迎えた第3局は、先手番の藤井が初手7六歩と角道を開け、木村の4二銀(8手目)から相矢倉の戦型となった。

 藤井が1七香(37手目)、1八飛(39手目)と端攻めを狙い、木村は2二銀(40手目)と銀冠の好形を目指した。封じ手直前の藤井の4六角(45手目)は相手陣を見据えた好位置に角を戻した手で、木村は31分考えて手を封じた。

 副立会人の都成竜馬六段によると、藤井の攻めに木村が柔軟に対応している状況。「封じ手が今後の展開を決めることになりそうだ」と話した。

 持ち時間各8時間のうち、1日目の消費時間は藤井4時間12分、木村3時間34分。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ