王位戦第3局 封じ手「2三歩」で再開 木村と藤井、互いに陣形整える

友好紙

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は5日、神戸市北区・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれた。

 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の淡路仁茂九段が木村の封じ手(46手目)が入った封筒を開封。「2三歩」を示し、2日目の対局が始まった。

 封じ手は、事前の検討では本命視されていなかったが、2筋の陣形を補強する手堅い手。副立会人の都成竜馬六段によると、藤井の端攻めを防ぐ意味もあるという。

 藤井の2勝0敗で迎えた本局は、シリーズ初の相矢倉戦となった。攻め駒を守りに転換させる6二銀(52手目)が「千駄ケ谷の受け師」の異名で知られる木村ならではの一手。藤井は5九角(63手目)と下がり、角の活用を目指した。都成六段は「藤井棋聖が攻めを続け、木村王位が手厚く受けてチャンスを待つ展開になるだろう」と話した。

 5日夜までに決着する見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ