コロナ影響、東京メトロが赤字に

共同通信

 東京メトロが5日発表した2020年4~6月期連結決算によると、純損益は136億円の赤字(前年同期は182億円の黒字)に転落した。04年の発足後、四半期ベースで初めての赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大が影響した。

 売上高は43・1%減の627億円。緊急事態宣言による移動自粛や在宅勤務の拡大などで地下鉄の輸送人員が4割以上減った。駅構内の商業施設も売り上げが減少した。

 東京メトロは非上場で、以前から業績予想を公表していない。21年3月期について「新型コロナの影響で見通しは不透明だ」と説明している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ