イオンモール宮崎に店を構える「九州ソフトクリームファクトリー」に夏の新メニュー3品が登場!8月8日(土)より発売開始

PR TIMES 株式会社 一平ホールディングス

ソフトクリーム「日向夏ソルベ」とオリジナルパフェ「九州ミルク&日向夏ソルベ」が新たに仲間入り
株式会社一平ホールディングスの傘下である株式会社一平(宮崎県宮崎市、代表取締役社長:鬼束文士)は、自社が運営する「九州ソフトクリームファクトリー」(イオンモール宮崎店)にて、8月8日(土)より夏の新メニューの発売を開始いたします。宮崎県の特産品である「日向夏」(ひゅうがなつ)を使った爽やかなメニューを夏限定でご提供いたします。


イオンモール宮崎内にある「九州パンケーキKitchen」に併設する「九州ソフトクリームファクトリー」では、
九州ミルク100%のソフトに、九州パンケーキミックスでつくる焼きたてのワッフルコーンを合わせたハンドメイド・ソフトクリームをはじめ、パフェなどのスイーツを各種販売しています。

九州ソフトクリームファクトリー
http://www.kyushu-softcream.jp/


同店にて8月8日(土)より、宮崎特産の「日向夏」をふんだんに使った新商品を発売いたします。
日向夏はハウス栽培で1月~3月初旬、露地栽培で3月~5月が収穫時期となります。弊社では、日向夏を使った加工品も多く取り扱っており、生果の旬以外にも、こうして加工品を通じて日向夏を味わっていただく機会を提供しております。現在、九州ブレンドのコーヒーソフトクリームを販売しておりますが、梅雨開けとともに、一気に夏らしい商品が登場となりました。


2020年夏の新商品


商品名:『日向夏ソルベ』
価 格:450円(税込)

新たに誕生したのは「日向夏ソルベ」。宮崎県で採れた日向夏果汁を使っているので、甘みと酸味のバランスがいい柑橘特有の美味しいさをダイレクトに味わえます。暑い夏にぴったりな、非常に爽やかでさっぱりとした味わいです。またミルクとのハーフ&ハーフ「九州ミルク&日向夏ソルベ」もありますので、どっちも楽しみたい方にはおすすめです。

商品名:『九州ミルク&日向夏ソルベパフェ』
価 格:780円(税込)

日向夏シロップを使って作った日向夏ゼリーの上に、杏仁豆腐をのせ、自社のパン工房で作るグラノーラを敷き詰めました。さらにホイップクリーム、九州ミルク&日向夏ソルベを豪快にオン。トッピングにはPB商品として取り扱っている晩白柚(ばんぺいゆ)のジャムと香ばしいワッフルコーンを添えて、見た目にも夏らしくパフェに仕上がりました。爽やかな日向夏の香りに、さっぱりとした甘さ、果皮のほのかな苦味がうまくマッチしています。



◼︎ 九州パンケーキシロップ宮崎日向夏
https://www.kyushu-island.jp/shop/products/detail/114



◼︎ 九州パンケーキジャム ばんぺいゆ
https://www.kyushu-island.jp/shop/products/detail/118


九州ソフトクリームファクトリー店舗情報

イオンモール宮崎店(九州パンケーキKitchen内)
〒880-0834 宮崎市新別府町江口862-1 1F レストラン街
電  話:0985-72-6072
営業時間:10:00~21:00

※※現在はコロナウィルス感染拡大防止の観点より営業時間を短縮しております※※
営業時間:10:00~20:00(カフェスペースのみ10:00~17:00<L.O 16:30> )

運営会社

株式会社一平について
所在地 〒880-2214 宮崎県宮崎市 高岡町小山田字麓973番地2
代表者 鬼束文士(代表取締役社長)
設 立 1996年9月5日
資本金 1500万円
▶︎一平ホールディングスHP:https://ippei-holdings.com
▶︎KYUSHU ISLAND HP:https://www.kyushu-island.jp
▶︎九州パンケーキHP:http://www.kyushu-pancake.jp
▶︎Twitter:https://twitter.com/island_kyushu
▶︎Facebook:https://www.facebook.com/kyushu.pancake/
▶︎Instagram:https://www.instagram.com/kyushupancake/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
取材のお申し込み、または本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先
株式会社一平広報担当
広報担当:井谷 雪(いたに ゆき)
yuki@ippei-holdings.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ