藤井が最年少二冠に王手 攻め続け3連勝 将棋・王位戦第3局

友好紙

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は5日、神戸市北区・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で指し継がれ、午後7時22分、先手番の藤井が149手までで勝利した。シリーズ3連勝で、羽生善治九段(49)の21歳11カ月を大きく上回る史上最年少の二冠に王手をかけた。

 シリーズ初の相矢倉戦となった本局。2日目の昼すぎまで続いた序盤戦は、木村が攻め駒の銀を守りに展開させて辛抱する展開になった。

 藤井は歩を突き捨てて先攻し、角を好位置に動かして積極的に端攻めを狙った。その後、飛車や角などの大駒を躍動させ、王手飛車の筋を狙った香打ちを放つなどして木村玉にプレッシャーをかけ続けた。木村は劣勢になっても決め手を与えず、上部脱出を図ろうとした。

 木村の投了まであと数手と考えられた時点で、藤井が悪手を放ち、形勢は傾きかけたが、藤井が冷静に攻撃を継続させ、投了に仕留めた。

 持ち時間各8時間のうち、残り時間は藤井2分、木村1分。第4局は19、20日、福岡市の「大濠公園能楽堂」で指される。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ