豪雨被害の三セク鉄道を支援

共同通信

 7月の九州を中心とした豪雨で大きな被害を受けた第三セクターのくま川鉄道(熊本県人吉市)と、肥薩おれんじ鉄道(同県八代市)を支援しようと、岩手県の三セク三陸鉄道が両社の関連商品を販売している。三鉄は東日本大震災や昨年の台風19号で大きな被害を受けており、中村一郎社長は「両社の一日も早い復旧を」と話す。

 三鉄によると、販売するのは、くま川鉄道の復旧祈念きっぷセット(3千円)。1セットあたり2550円を寄付する。

 肥薩おれんじ鉄道関連では駅名キーホルダー(5種類、各700円)やクリアファイル(250円)なども販売し、売り上げの全額を寄付する。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ