JDI、400億円の返済先送り

共同通信

 ジャパンディスプレイ(JDI)は6日、政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)から2019年に借り入れた計400億円の返済期限延長でINCJと合意したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に備え資金を確保する。

 19年8月に借り入れて今年8月に期限を迎える200億円については1年、19年9月に借り入れ今年9月に期限となる200億円は2年、それぞれ延長する。21年3月期業績への影響は軽微としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ