星出さん「新時代の到来感じる」

共同通信

 民間企業の宇宙船として初めて有人で地上と国際宇宙ステーションとの往復に成功したスペースXの「クルードラゴン」に、2021年春に搭乗する日本人宇宙飛行士の星出彰彦さん(51)が6日、ウェブで会見し「(民間宇宙船に)新しい時代の到来を感じている」と述べた。

 星出さんはステーションの船長を務める。「安全に気をつけつつ、楽しくやりたい。過去に仕えた船長の良いところを盗みながら、うまくまとめたい」と意気込みを語った。

 米東部時間2日午後(日本時間3日午前)に地球に帰還したクルードラゴンの試験機の様子は、自身が搭乗する姿を想像して手順を確認しながら見守った。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ