中国漁船の尖閣領海侵入防止要求

共同通信

 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域を含む東シナ海で中国が設けた休漁期間が16日に明けるのを前に、日本政府が中国政府に対し尖閣周辺に中国漁船が押し寄せ、日本領海に侵入する事態を防ぐよう外交ルートを通じ申し入れていたことが12日、分かった。

 日本は「中国漁船が大挙して来ると日中関係は壊れる」とも警告した。

 外交筋によると、16年8月の休漁明けに200~300隻の中国漁船が尖閣周辺に押し寄せ、一部の漁船と公船が領海侵入した。日本は今年7月に「16年のような事態の再発防止を求める」と申し入れた。中国は尖閣が「固有の領土」だと反発し、日本漁船を立ち入らせないよう要求した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ