どうぞ撃たんといて! この子と生きるき、撃たんといてっ! 言葉を刻む(61)

友好紙 社会面

どうぞ撃たんといて! この子と生きるき、撃たんといてっ!

 (高知県津野町、森部美雪さん)

 1945年6月末の夜、旧満州北安省の開拓集落。生後2カ月の長男を寝かし付けていると、青ざめた顔の夫にライフル銃を向けられた。必死で命乞いをした。召集を受けていた夫は翌日、「こんな所にお前らを残すのは心配でたまらん。自分もどうせ死ぬ。お前らを殺して自分もと…」と漏らした。8月にソ連軍が侵攻し、命懸けの逃避行が始まる。食べ物はほとんどなく、夜露にぬれてブヨに刺されながら夜を耐えた。ハルビンから奉天に移った12月、長男は肺炎で亡くなった。

 =94年高知新聞取材、当時69歳

   ◇   ◇

 西日本新聞は戦後75年の節目を多角的に伝えていきます。戦争世代にしか語れない証言、後世に残したい手記、保管している資料などの情報を以下の要領でお寄せください。内容に応じて、記者が問い合わせや取材を行います。

 住所、氏名、年齢、連絡先を明記し、手紙かファクス=092(711)5110、無料通信アプリLINE(ライン)で「あなたの特命取材班」へ。

 【宛先】〒810-8721(住所不要)西日本新聞 あなたの特命取材班

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ