バスケ代表、富樫勇樹らがプレー

共同通信

 バスケットボールの各種目の日本代表によるエキシビションマッチは16日、国立代々木競技場で行われ、前後半で男女が入れ替わった5人制は男子の富樫勇樹らがプレーしたTeam Actionが96―86で女子の渡嘉敷来夢らのTeam Powerに勝った。

 男子3人制は落合知也らのTeam Powerが11―3で小松昌弘らのTeam Actionに勝ち、車いすバスケットボール男子は豊島英らがプレーを披露した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から無観客で行われ、日本協会の三屋裕子会長は「国難といえる状況を乗り越えていきたい」とあいさつした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ