東京六大学野球、法大全勝逃す

共同通信

 東京六大学野球リーグは17日、神宮球場で2試合が行われ、前日に3季ぶりの優勝が決まった法大は立大に0―5で敗れ、4勝1敗で終えた。立大は3勝2敗。明大は東大を9―1で下し、今季初勝利(4敗)を挙げた。東大は4連敗で45季連続の最下位が確定。

 法大は立大の中崎ら3投手に4安打に封じられた。明大は一回に5点を先取し、計14安打、7盗塁と攻勢を続けた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ