米軍に情報提供や検疫順守要請を

共同通信

 米軍基地や関連施設のある15都道府県でつくる渉外知事会は18日、米軍基地で新型コロナの感染が広がっているとして、迅速な情報提供や検疫ルール順守を米軍側に働き掛けるよう求める文書を外務、防衛両省に送付した。

 文書は、大規模感染が判明した沖縄県の事例について「必要な情報提供が当初行われず、課題が生じた」と指摘。陽性者の行動履歴などに関する迅速な情報提供や、感染の原因究明を求めた。検疫体制の強化やルール順守を米軍側に働き掛けることも訴えた。

 米国防総省は「運用上の懸念」を理由に基地別の感染者数を公表していなかったが、自治体の要請を受け、7月から公表を始めた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ