バス協会、GoToで国に要望

共同通信

 日本バス協会は18日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関し、バスを活用した団体旅行などに予算を割り当てる枠の創設を求める要望書を、赤羽一嘉国土交通相へ提出した。新型コロナで深刻な打撃を受けている貸し切りバス事業の需要回復を図る狙いがある。

 政府は感染の目立つ若者や重症化しやすい高齢者の団体旅行は控えるよう要請している。東京発着のツアーが当面は支援対象から外れたこともあり、貸し切りバス事業者の収入は3月以降、前年同期に比べ9割減と「需要が蒸発した」(バス協会)状態が続く。

 バス協会には、全国で約4500あるバス事業者の約半数が加盟している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ