マリ反乱軍が大統領を拘束

共同通信

 西アフリカ・マリの首都バマコで18日、軍を離脱した兵士らがケイタ大統領や政府高官、軍幹部を拘束した。ロイター通信などが治安筋の話として報じた。首都近郊の軍基地では銃声が聞こえ、市街地を軍用車両が走行している。クーデターが進行中の可能性がある。

 2012年もクーデターが起き、混乱に乗じてイスラム過激派が台頭。多数の住民が家を追われ、周辺国も合わせて約400万人が食料難に陥るなど深刻な人道危機を引き起こしている。今回のケイタ氏拘束で、情勢がさらに混迷しそうだ。

 国連のグテレス事務総長はマリ軍の反乱を強く非難し、ケイタ氏らを即時、無条件で釈放するよう要求した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ