社会保障「持続できる」は4%

共同通信

 現行の社会保障制度が「30年以上持続可能」と考える人はわずか4%にとどまることが、民間調査で分かった。政府は、制度の維持を目指して全世代型社会保障改革を進める考えだが、現状を悲観的にとらえている人が多いことが明らかになった。「持続できない」と答えた人は42%、「分からない」が54%だった。

 改革を進めるべき分野(複数回答)は「年金」が46%で最も多く、「医療保険」「子育て・教育支援の充実」がともに29%で続いた。年代別でみると20~30代の女性では「子育て・教育」が半数超で最多だった。

 調査はパソナ総合研究所(東京)が2月、約1300人を対象に実施した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ