「黄金展」でコロナ終息願う

共同通信

 日本橋高島屋(東京都中央区)は19日、約千点の金製品を展示販売する「黄金展」を始めた。新型コロナウイルスの終息を願って、疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」を描いた純金製カードや、七転び八起きにちなんだ黄金のだるまなどを集めた。入場料は無料で24日まで。

 アマビエのカードは名刺サイズで純金5グラムを使い、8万8千円で販売。売り場の担当者は「お財布に入れてお守りとして使ってほしい」とアピールする。だるまは高さ約1・8メートル、幅約1・5メートルで表面に約1700枚の金箔を貼った。2200万円。そのほか将棋駒のセットや仏具などもそろえた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ