米バスケ、2季所属の渡辺を評価

共同通信

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBA、グリズリーズのクライマン編成部長は19日、オンライン取材に応じ、ツーウエー契約の選手として2シーズン所属した渡辺雄太について「成長を非常にうれしく思う。この2年で堅実なシューターとなり、積極性のある攻撃をする選手となった」と評価した。

 渡辺は契約が満了しフリーエージェントとなるが、来季以降の交渉をするかどうかについては「まだ、そのことは早すぎる」。

 渡辺は今季、NBA下部のGリーグ、ハッスルで22試合に出て1試合平均17・2得点、5・7リバウンドを記録。グリズリーズでは18試合で平均5・8分間プレーした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ