サンマ漁主力の大型船が出発

共同通信

 サンマ棒受け網漁の主力となる100トン以上の大型船の操業が20日解禁され、北海道や東北などの漁船が、北海道東部の港から出発した。12日に出漁した小型船(10トン以上20トン未満)は千島列島沖合に向かったものの漁獲がないまま帰港しており、不漁への不安が募る中での出漁となった。

 北海道根室市の花咲港では20日午前0時前、各地から集まった27隻が次々と港を後にした。岩手県大船渡市から寄港した第15三笠丸の甲板員畠山恵さん(24)は「始まるからには取って帰ってきたい」。青森県八戸市の第65新生丸の男性機関長は「不安と言っていたら商売にならない」と張り切った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ