米民主バイデン氏政権奪還へ決意

共同通信

 【ワシントン共同】米民主党のバイデン前副大統領(77)は党大会最終日の20日夜(日本時間21日午前)、11月の大統領選に向けた候補指名の受諾演説に臨む。人種差別や経済格差など深刻化する米社会の分断解消を目指し、政権奪還へ決意を表明。共和党のトランプ大統領(74)が掲げる「米国第一」主義からの転換を図る。

 党大会3日目の19日には、母親がインド出身の黒人女性ハリス上院議員(55)が副大統領候補に指名された。バイデン氏が大統領選で勝利すれば、女性としても、黒人、アジア系としても初の副大統領となる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ