感染の飛び込み寺内、練習を再開

共同通信

 新型コロナウイルスに感染していた飛び込み男子の東京五輪代表、寺内健が20日、走り込みなどの練習を再開したと、所属先のミキハウスが発表した。まだプールでの練習は行っておらず、実戦復帰の時期は未定。

 五輪に過去5度出場している40歳の寺内はPCR検査で陽性反応を示して2日に入院。7日に退院した後は自宅療養していた。味覚と嗅覚はまだ完全ではないものの、回復しつつあるという。所属先を通じ「無事に回復したことをご報告させていただきます。改めて感染予防に努めながら、これから競技活動に取り組んでまいります」とコメントした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ