コンビニ、7月の売上高は7%減

共同通信

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月の主要コンビニ7社の既存店売上高は、前年同月比7・4%減の8656億円だった。梅雨明けの遅れや新型コロナウイルス感染の再拡大により、下落率が6月の5・2%から拡大した。来店客数も14・0%減と悪化。在宅勤務や外出自粛の動きが続き、大幅に落ち込んだ。

 売上高、来店客数ともに前年同月を下回るのは5カ月連続。下落率は、6月にいったん縮小していたが再び拡大した。

 協会の担当者は「店員の感染などを受けた一時的な店舗休業が各地で相次いだことも影響した可能性がある」と分析した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ