香港と米国の刑事司法協定停止

共同通信

 【北京共同】中国外務省は20日、香港と米国の間の「刑事司法共助協定」の停止を決めたと表明した。米国が中国による香港国家安全維持法(国安法)施行を踏まえ、犯罪人の引き渡しなど香港と結んだ三つの協定の停止・終了を通知したことを受けた対抗措置。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は20日の記者会見で、米国の措置は「一方的だ」と指摘。国安法施行など香港に関わる問題は「完全に中国の内政に属する」と述べ、「いかなる外部勢力も干渉する権利はない」と米国を非難した。

 米国務省によると、三つの協定には、犯罪人の引き渡しのほか、船舶の国際運航による所得への課税免除などが含まれる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ