【動画あり】藤井棋聖が4連勝で新王位 18歳1カ月で最年少二冠&八段

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が20日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指し継がれ、午後4時59分、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝で初の王位を獲得した。

 藤井新王位は18歳1カ月で棋聖と合わせて二冠となり、羽生善治九段(49)が打ち立てた21歳11カ月の最年少二冠の記録を28年ぶりに更新した。藤井新王位は同時に八段にも昇段し、加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月を上回る最年少八段昇段を果たした。

 最年少記録を次々に塗り替え、歴代1位の公式戦29連勝の記録も持つ藤井新王位は、詰め将棋で鍛えた終盤力に優れ、通算勝率は8割を超える。今年7月16日には史上最年少で初タイトルの棋聖を獲得していた。

 今期の王位戦では、予選を勝ち上がって初の紅白リーグ入りを果たすと5戦全勝し、6月の挑戦者決定戦でも永瀬拓矢二冠(27)に勝って挑戦者となった。7番勝負では第1局で鋭い寄せを見せ、第2局は逆転勝利。第3局も攻めの力を発揮した。第4局は中盤に飛車を切って敵陣に鋭く踏み込み、正確な着手で相手の攻めをかわして勝利を挙げた。

 木村前王位は前期、史上最年長の46歳で初タイトルとなる王位を獲得し、「中年の星」と話題になった。今期は初防衛を目指したが1期で失冠した。

◆藤井聡太八段(ふじい・そうた) 2002年7月19日生まれ、愛知県瀬戸市出身。杉本昌隆八段門下。16年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。デビュー以来、公式戦29連勝を果たし、歴代1位を記録した。18年5月に七段昇段。朝日杯将棋オープン戦で18、19年に連覇。20年7月、第91期棋聖戦5番勝負で渡辺明棋聖(当時)を3勝1敗で破り、史上最年少の17歳11カ月で初タイトルを獲得した。

 

関連記事

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR