成田のお盆の出入国者数98%減

共同通信

 東京出入国在留管理局成田空港支局は21日、お盆休み期間中(7~16日)の成田空港の出入国者数が、前年同期比97・9%減の約2万1800人だったとの速報値を発表した。

 同支局によると、出入国者数は現在の形で統計を取り始めた2012年以降で最少。「新型コロナウイルス対策で各国が実施する出入国制限や、航空便の激減が影響した」としている。

 日本人と外国人を合わせた渡航先では、中国本土が約3070人で最多、米国の約2450人、韓国の約800人が続いた。出国のピークは7日、入国・帰国は16日だった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ