日本ペイント、海外大手の傘下に

共同通信

 国内塗料最大手の日本ペイントホールディングス(HD)は21日、筆頭株主であるシンガポールの塗料大手ウットラムグループの傘下に入ると発表した。ウットラムが日本ペイントの実施する第三者割当増資を引き受け、議決権ベースの持ち株比率を現在の39・5%から、グループ会社が所有する持ち株と合わせて58・7%に高める。買収総額は約1兆3千億円。来年1月1日の買収完了を目指す。

 日本ペイントHDはウットラムと展開しているアジア各国の合弁事業と、ウットラムのインドネシア事業を買収する。買収に当たり対価としてウットラムに新株を割り当てる。ウットラムは塗料事業から撤退する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ