陸連、12月に長距離代表決定も

共同通信

 日本陸連は21日、オンラインで理事会を開き、12月4日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開く長距離種目(男女5000メートル、1万メートル、3000メートル障害)の日本選手権の優勝者について、大会終了時点で東京五輪の参加標準記録を突破していれば五輪代表にすることを決めた。

 ともに1枠が残る競歩の男子50キロと女子20キロの選考要項も決定。男子50キロは石川県、女子20キロは神戸市で来年開催される日本選手権を新たに選考会とし、派遣設定記録を突破し、五輪代表を除いた日本人最上位の選手を代表とする。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ