トヨタ、9月は生産計画上回る

共同通信

 トヨタ自動車は21日、9月の国内生産台数が新型コロナウイルス流行前に立てた計画を約1%上回るとの見通しを明らかにした。6月は計画比で約4割減、7月は約1割減。8月も約3%減で推移しており、計画から上振れするのは流行後では初めてとなる。

 国内外で新車需要が回復しつつあり、それに対応するため生産ペースを上げている。

 日本国内でスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ハリアー」など新型車が好調なほか、中国で高級車ブランド「レクサス」が売れている。9月は8月に続き、国内全15工場で稼働停止日をゼロとし、休日出勤による増産も実施する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ