ミナミ通常営業再開も先行き不安

共同通信

 新型コロナ対策で大阪市の繁華街・ミナミの一部飲食店に出ていた時短営業や休業要請が終了し、対象店舗は21日、通常営業を再開した。雨の影響か、客の姿は少なく、店からは先行きを不安視する声が上がった。

 「ガラガラですね」と驚いたのは30代の男性会社員。大阪府が5人以上の宴会自粛を呼び掛けており、同僚3人と居酒屋を訪れた。

 「不安の方が大きい」と話すのは「串かつだるま」を経営し「道頓堀商店会」の会長でもある上山勝也さん(59)。「ただでさえ売り上げが落ち込んでいるのに、ミナミだけ自粛させられ、状況が悪化した。連日多数の感染者が出ており、意味があったのか」と憤る。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ