日銀、景気分析にビッグデータ

共同通信

 日銀は、米IT大手グーグルが提供する人出情報といったビッグデータを景気分析に活用する取り組みを始めた。新型コロナウイルスの影響でめまぐるしく経済環境が変わる中、公的な統計に比べて迅速に状況を把握できる利点を生かす。景気悪化の兆候があった際にいち早く対応策を検討できるようになるなど、金融政策の立案にも一役買いそうだ。

 日銀は7月に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、グーグルが公表しているテーマパークや飲食店、ショッピングセンターへの訪問者数の動向を取り上げた。

 日銀幹部は「状況をリアルタイムで把握する必要性が高まっている」と指摘する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ