東証続伸、IT銘柄に買い

共同通信

 週明け24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。最近の米ハイテク株高を受けIT関連銘柄が買われた。ただ、安倍晋三首相の健康不安説の広がりが投資家の慎重姿勢を強めた。東京証券取引所第1部の取引規模を示す出来高は7億7614万株にとどまり、2005年1月4日以来、約15年8カ月ぶりの低水準だった。

 終値は前週末比65円21銭高の2万2985円51銭。東証株価指数(TOPIX)は3・07ポイント高の1607・13。

 米ナスダック総合指数が前週末の21日に過去最高値を更新した流れを引き継ぎ、24日の東京市場はゲーム機メーカーなどの株価が上昇した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ