愛知県、独自の緊急宣言を解除

共同通信

 愛知県は24日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、感染再拡大を受けて出していた独自の緊急事態宣言を解除すると正式決定した。名古屋市の一部繁華街の飲食店などを対象とした短縮営業や休業の要請も24日で終了する。

 愛知県内の感染確認は依然続いているとして、隣接する岐阜、三重両県を除いた県をまたぐ不要不急の移動や大人数での会食の自粛は引き続き呼び掛ける。

 愛知県は1日当たりの感染発表数が、7月28日から14日連続で100人を超えたものの、8月中旬以降は100人を下回っている。県は5日に短縮営業と休業の要請を、6日に緊急事態宣言を出していた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ